So-net無料ブログ作成

確定申告とくりっく365 [その他]

去年1年間の給与所得以外の所得が投資を始めて以来初めて20万円を超えたため、
今年は確定申告をする必要があります。
確定申告事自体は以前住宅ローン控除を受ける際に作成した事があるため
初めてではありませんが、今回のように株式やFXの利益を申告するのは
初めてなので、いろいろなH/Pを調べて勉強しましたが、その結果かなり
ショックな事がわかりました。

まず私は株式の現物取引と為替取引きの両方で利益がありますので、
この場合申告書B様式を使います。

株式は2つの業者で取引をしていますが、一つは源泉徴収無しの特定口座、
もう一つは源泉徴収ありの特定口座です。
今回申告するのは当然源泉徴収無しの口座の方で、こちらの昨年の利益が
20万円弱あり、これは申告分離課税で税率は10%です。
私はやっていませんがクリック365で得た所得も株式同様申告分離課税で、
税率(所得税率+住民税率)は所得金額に関わらず一律20%です。

一方昨年のFXの利益は約200万で、こちらはクリック365ではないため
給与所得との合算で課税される総合課税扱いとなります。

FXで得た利益から必要経費(手数料など)を差っぴいたものが雑所得となり、
これに源泉徴収表の給与所得控除後の金額から所得控除の額の合計額を
引いた金額と雑所得を合算した金額が課税対象の課税所得金額となります。

問題はこの課税所得金額で、私の場合330万円超700万円以下の区分に
入りますので、税率(所得税率+住民税率)は何と30%です。

こうなると所得金額に関わらず税率が一律20%の申告分離課税である
クリック365より不利じゃんと思いましたが、よくよく調べてみるとそれほど
単純で無い事がわかりました。

なぜなら総合課税の課税所得金額には税額控除というものがあるからです。

控除額は課税所得金額が330万円超700万円以下の場合で43万円なので、
いったい課税所得金額がいくらになればクリック365の方が有利になるか
計算してみました。
簡単な一次方程式です。

税額=Y、課税所得=X(ただし330<X<=700、単位万円)とすると
非取引所取引の場合:Y=0.3X-43
くりっく365の場合:Y=0.2X

よって課税所得が430万円を超える場合、くりっく365の方が有利になると
思われます(私は税理士ではないので間違っていたらごめんなさいね)。

ちなみに去年の私の課税所得金額は430万円を大幅に越えてしまって
いましたので、くりっく365の方が納税額が少なかった事になります。
ちゃんちゃん。

現状くりっく365には私がメイン口座としているFXCMと比べてまだまだ
不利な点がたくさんあります。
・対円以外の通貨が取引できない。
・手数料が必要
・決済するまでSWAPがもらえないから複利の運用が出来ない
・レバレッジが少ないので多額の自己資金が必要

ただ来年払う税金を少しでも減らすため、今後対円取引はくりっく365を
併用する事にします。
とりあえず口座を開設せねば。


2007-02-24 23:27  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。